2016年2月8日月曜日

きのこジュニアレッスンやりました!

ふんわりのった新雪、たまりません。(笑)
極寒地ならではのサラサラふわふわの雪です。
息を吹きかけるとふわーっと雪は舞い上がり
後にはハート型の息のあとが残る、最高!



ワンハンドレットファミリーのジュニアレッスンを
ご了解を頂きましたのでご紹介します。

おじぃちゃんは、5歳の孫娘さん担当です。
きのこ親父は、小学1年生を1コマ90分を
1日1コマ、2日間行いました。


初めてのスキーは、おじぃちゃんの腕の中です。
家族っていいなー!スキーっていいなー!
こんな光景を見ていると幸せになります。


雪と遊ぶ、道具に慣れる、転んで立上る、
片足で平地を歩くまでをご家族で取組んで頂き
10;30~12:00にてレッスン1コマ目の開始です。

手・前、コーチを見て、
ストックのハの字とスキーのハの字を同じにして、
次へ顔を向けて、息を吸ってはくー!で前に。
とにかく滑る滑るたくさん滑らせることが目的です。

声掛けは、前回の名残か全て英語モードです。(笑)
「アップ・ダウン・フェイスターン・ショルダーターン・
 ゴー・ゴー・シュープ・シュープ」が、基本用語です。
そして「グッド!グッド!ファイト!ファイト!」と叫び続け
お尻を振り、腕を振り、肩をまわしパッシブに楽しませます。



そして2日目の中盤で一人立ちしました、
正確には初めてスキーを履いて
滑走してから120分後のことです。やったー!

後はコーチと同じに大きくダイナミックに
動き続けることで滑る滑るたくさん滑ります。


ノンストップで転ばすに下まで滑走しました。
母親は、「すごーい!すごーい!」と言うばかりです。
息子が凄い?コーチが凄い?あははは(笑)

ゴールしハイタッチ!満面の笑顔です。
抱擁し健闘を讃え合う瞬間がたまりません。(笑)


もう一回、もう一回と言いスキー大好き少年少女が
奥志賀高原から誕生した瞬間です。(笑)
きっと、こよなくスキーを愛してくれることでしょう!

このチャンスを与えてくれた「じぃじ」に感謝しながら
また、樹の子と奥志賀高原に逢いに来て下さい。
けんちゃん、りさちゃん、感動をありがとう!

0 件のコメント:

コメントを投稿