2014年7月10日木曜日

あれがシガアヤメでは?

 刈払い後の直会の席で、「志賀の師匠(せんせい)」と
  呼ばせて頂いている大尊敬の先輩にシガアヤメに
 ついてお聞きしたら、「志賀高原歴史記念館」の
 庭先に咲いているのが、確かシガアヤメではないか?
 との情報を頂きました。流石だね!
 
 志賀高原歴史記念館と言うのは、奥志賀へ上って行く途中、
 サンバレーを過ぎ、丸池と琵琶池の放水路を超え、
 今はなき丸池観光ホテルの手前にある旧志賀高原ホテルの
 建物が、それです。
 
 昭和12年開業の日本初のスキー用ホテルとしてドイツ人の
 指導で現在の清水建設が作ったそうですよ。
 ジャイちゃんの会社だね!


 当時、国策で全国の風光明媚な地にホテルが建設され、
 長野県では、上高地ホテル、志賀高原ホテル、野尻湖ホテル
 の三つが建設されたそうです。
 
 上高地ホテルは建替え、野尻湖ホテルは解体されたので、
 現存するのは、この志賀高原ホテルだけらしいです。
 
 そこの庭先に・・・・もしやもしやと思い、旅館業と食品営業の
 許可証を受取りに行った帰り道、雨が嵐に変わる夕暮れ時に
 先ずは、場所の確認だけでもと思い、訪れてみました。
 おーこれが?
 シガアヤメと確認する術も無く、降りしきる雨の中で
 写真だけ撮って来ました。



 とにかく、手掛かりは見つけましたので、腕の良いカメラマンを同行し、
 調査に行きまっしょい!(笑)
 
 そう言えば、ここで先日、娘が志賀のサポーターズクラブのメンバーと
 勉強会とお茶会をしたところでしたね~!
 灯台元暗しとは、このことか?(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿